こんにちは、Wave Technology池見です。
秋雨前線のせいでしょうか、大分涼しくなってきましたね。

さて今日は、誰が言い出したか良く分からない「成功曲線」について。

  • 人は成功に向けて努力をし始める。
  • しかし、その結果はイメージどおりには、リニアには、出ない。
  • 結果が出るのは想像以上に時間がかかる。
  • 多くはそのギャップに苦しみ、成功への努力を放棄または手を緩めてしまう。
  • しかし努力し続けた人の結果は、あるとき一気に出る。
  • あきらめようとしたとき、もう駄目だ、と思った時に結果が出る。
  • 成功する人はあきらめない人、という言葉は少なくともその意味で正しい。

私自身も、仕事、学校の勉強や資格取得、ゴルフなどで実際に体験しました。
もうこれ以上やれん、もう限界や、という後にフッと結果が出るんですよね。

転職活動のために資格などの勉強をしている人、何度も面接で不合格になっても反省してまた面接に向かおうとしている人、また、転職した先で仕事に結果が出ない人。
もう駄目だ、という先に光明が見えますのであきらめないで!

。。。などと書いていると、ちょっと前に見た「ミスト」という映画が思い浮かびました。
色んな意味で微妙な映画なのですが、興味のある方は一度ご覧ください。

Never give up!