こんにちは、Wave Technology(略称:WTI)の渡部です。

先日新卒採用にて、内定をお出ししていた学生さんから“WTIへの入社を決意した”旨のご連絡がありました。

実はこの学生さん、化学系を専攻されていらっしゃいます(当社の職務内容にベストマッチなのは電気電子系の学生さんです)。ですが、畑違いなことは承知のうえで本人はご入社を決意されました。
私から本人には、内定をお出ししたときに『専攻と違うWTIでやっていけるかどうかを真剣に考えて結論を出してほしい。その判断基準として、まずは電気電子工学の教材を買って読んでもらいたい』とお伝えしていたなかでの決断です。そのようななかでの決意表明であったため、とても強い意志を感じました。

転職活動においては常にこのような判断が付きまとうと思います。転職をすると、業界、業種、職種、さまざまなものが未経験のものとなることがほとんどです。もちろん、自身の経験をフルに生かすために同じ業種・職種で企業から内定をもらうことができれば未経験の部分は少なくなるでしょう。しかし現実問題(売り手市場とはいえ)、なかなかそうはいきません。

そこで私からアドバイスさせていただくことは一つです。

入社を決める前に、未経験の部分については“自分に合っているか”、“本当にやっていけるか”を徹底的に調べたうえで判断しましょう。
初めての業界であればその業界本、初めての営業職であれば営業のノウハウ本を読むなど、これらを慎重に行なってください。
なぜなら、入社後にギャップを感じてしまってからでは“時すでに遅し”の状態だからです。

他でもない自分のために、やれることはやっておきましょう。