こんにちは、Wave Technology 渡部です。
猛暑日が続いていますね、小まめに水分補給をするなどしてしっかりと自己管理しましょう。

さて、今回は企業の求人票における“福利厚生”の欄について少しお話させていただきます。

まず、転職先の企業の選定において重視するポイントに『福利厚生の充実』をあげられる方はそれなりに多くいらっしゃると思います。
そのようななか、転職サイトなどでさまざまな企業の求人を見ると、福利厚生の欄に『社会保険完備』や雇用保険、健康保険、介護保険、厚生年金保険、労災保険などの表記がよく見られます。
しかしこれらは全て法定福利であり、法律で加入が定められたものです。

ということは、“福利厚生が充実している会社”を探すときに注視すべきは、先述した以外の福利厚生(企業が任意で実施するもの、いわゆる法定外福利)ですよね。

もちろん当社にも法定外福利はありますが、世の中には社員のモチベーションアップを目的に考えられた面白い制度がたくさんあります。

例えば当社には“誕生日休暇や結婚記念日休暇”という制度がありますが、なんと“失恋休暇”なるものを導入している会社があることを知り個人的に驚きました。
一カ月間に何度失恋したとしてもその都度休暇を取れる制度ということを知り、さらに驚きました。

このように、法定外福利にその会社の色が出ることもあるのでしょうね。
もともと法定福利・法定外福利という言葉を知っておられる方もそうでない方も、是非この機会に再確認又は覚えておいてください。