いよいよ寒くなってまいりました、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
寒いの苦手、業務部池見です。w(ToT)w

さて最近巷では、AI(人工知能)なるものが話題になっていますが、既に一部の採用現場にも登場しているようです。
いろいろな活用方法があるようですが、あるところでは次のように使われているようです。

まず、あらかじめ過去に受験した人の履歴書や職務経歴書などの情報と、その合否結果、入社後の活躍ぶりをAIに学習させておきます。そのうえで、応募があった人の履歴書等をAIに合否判定をさせ、時には配属先を決めさせる、という感じで。

人と違い、私情が絡まないし、認知バイアスに左右されることもない、合否判定は省力化され入社後の定着率もアップする、なんて凄いんでしょう!

でも、でもですよ、こうやってAIが合否判定をするようになると“AI受けする履歴書の書き方はこうだよ”っていう対策が世に出てくるような気がします。その対策を実行すればどんな会社でも入社できるようになるのか??

いや、いや、そこは、そういうところもAIは学習して来るでしょうから、、、結局はイタチゴッコになるのかな??

いずれにしてもこういう手法がポピュラーになってくると我社も導入することになるかもしれません。その時にやってみたいことは、、、、何といっても自分の履歴書をAIに合否判定させること。

不合格になったら笑うしかない。w(ToT)w ナイテマセンよ。。。