こんにちは、株式会社Wave Technologyの渡部です。

ますます寒くなってきましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。私はというと、通勤時の防寒対策として手袋を購入しようかと迷っている今日この頃です。

また、忘年会シーズンも近づいてきたこともあって、私の12月の予定もだいぶ埋まってきました。これからしばらくは忘年会、クリスマス、年末年始、新年会とイベント事が続きますので、飲んだ次の日は肝臓を休めるなどして健康的に楽しく過ごしていきたいと思っています。

その年末年始のイベント事ですが、巷の会社でもそろそろ忘年会や新年会のお話がしばしば飛び交わされているのではないでしょうか。

当社では「忘年会又は新年会の名目で飲食した場合は、会社が一定金額を補助する」という“年末年始特別酒肴料補助制度”なるものがあります。この物入りの時期には大変ありがたい制度で、社員の大多数が活用しています。(この制度を利用すべく、私が所属している人事総務課でもちょうど忘年会のお店選びをしているところです。)

ちなみに私の前職の会社のお話ですが、こういったイベント事への補助は一切ありませんでした。なので、会社側が全員参加イベントとして主催していた忘年会、新年会は全て自腹でした。従業員が200名を超える会社だったので、もしそこに会社が補助を出すとなると金額のインパクトは大きいですよね。そう考えると、ある程度会社規模が大きくなってしまうと、そこに補助を出すことは経営的に厳しいように感じます。

しかし同じように200名以上の従業員を抱えている当社では、これをやっているのです。率直に、良い会社だと思います。(ありがたや~。)

皆さんが転職を考える際、会社選びでみるべきポイントはいくつかあると思いますが、どんな福利厚生施策を採っているのかに着目するのも良いと思います。
ご参考まで。