おはようございます、人事総務課の竹内です。

10月中旬から台風が二度やってくるなど荒天が続きましたが、11月3日からの三連休は洗濯物がよく乾く気持ちの良い天気でした(笑)。
私は子どもを連れ、車のエンジンオイル・バッテリー交換に行ったり、自らが中心となり立ち上げたPTAソフトボール部の練習をしたりしました。

さて、以前に応募書類に関して気をつけたいことを挙げましたが、今回はその続きです。

封筒の宛名には採用担当部署名と担当者名を書くことが多いですが、企業によっては求人情報に“採用G(グループ)”などと部署名のみを載せているところもあります。

その場合は、“採用G ご担当者様”か“採用G 御中”としましょう。つまり、人には“様”を、組織や団体には“御中”を用いるということです。

多くの方はご存じでしょうが、新卒の入社時研修で“御中”について説明すると知らない人もちらほらいるため、若年者には使い慣れない表現かと思いお伝えする次第です。
(ちなみに、企業が用意してくれる封筒は通常“○○課 行”などと印字されていると思いますが、この場合は“行”を二重線で消したうえで“御中”を添える必要があります。)

次回も応募に関する記事をお届けしたいと思います。
それでは、秋晴れの一週間となりますように!