こんにちは、株式会社Wave Technology業務部の池見です。

近頃、いくつかの派遣会社様と情報交換をさせて頂く機会があったのですが、どちらも開口一番「人が動いています」。
景気が良くなっているのでしょうか、人材が流動的になっているようです。

さて今回は、私共が中途採用において、特に会社にお越しいただいた転職希望者に対して、気に掛けている点がいくつかありますのでご紹介します。
我々(企業側)がどのような思いで転職希望者の皆さんと接しているのか、少しでも感じて頂けたら幸いです。

一.『“お越し頂いて有り難い”という思いと姿勢でお迎えする』
→ある意味では、これが全てだと言っても過言ではありません。
星の数ほどある企業のなかでわざわざ当社を選んでお越し頂くこと自体、文字どおり大変有り難いことだと思っています。

一.『隠し立てすることなく、会社の全てを見て頂く』
→取引先様との守秘義務契約や当社の企業秘密もありますので現実問題として本当に“全て”を見て頂くことは不可能なのですが、全て見聞きして頂くつもりで見学もしていただき質問にもお答えしています。

一.『出来るだけ多くの人数で面接させていただく』
→私どもの面接では、あまりに面接官の人数が多いので転職希望者の中には驚かれる方もいらっしゃいます。
しかし、企業側からすると限られた時間の中で多面的に転職希望者の方をみさせていただくためには必要なことですし、転職希望者側からするとどんな人たちと一緒に仕事をするのかその手掛かりにもして頂けると思っています。
また、転職希望者の方からご質問をお受するのですが、面接官が多ければより的確な回答を提供できるとも考えております。

一.『強みはどこか、面接で見させていただく』
→当社では転職希望者の何が強みかしっかりと確認させて頂くようにしております。
“強み” イコール “(当社で)働くうえでの武器” です。
転職希望者の方がエンジニアの場合は、持っている技術が主な“強み”でしょう。
その他にも、志望動機や、職務経歴書には書ききれない苦労話や修羅場などのお話をお聞きすることも、“強み”を推し測る手がかりとなります。

一.『出来るだけ早く合否の結果を回答する』
→当社では、早ければ翌日、遅くとも入社試験の数日後にはご回答するようにしております。
(ただ極まれに、物凄く時間が掛かってしまうことがあります。
所望のスペックとはちょっと違うんだけど人物面が良いとか、欠員補充が背景でそこに応募してもらったのだけれどもピタッとははまらないとか、そのような理由で他の社員をローテーションしてそこに来ていただくべく調整するのに時間が掛かってしまう場合などです。
こんな時、お待ち頂いている転職希望者の方には大変心苦しい思いで一杯なのです。。

今回は我々(企業側)がどのような思いで転職希望者の皆さんと接しているのか、ご紹介しました。
企業によっては全く違う思いかもしれませんので、こんな風に思っている会社もあるんだな~位にご理解ください。