こんにちは、株式会社Wave Technology業務部の池見です。

毎日暑いですね。
この暑さのなか転職活動に勤しんでおられる方は大変だと思います。
何が大変か。。
やはりスーツ、“暑いなかスーツを着て移動し面接を受けること”ではないでしょうか。

近年はクールビズが定着してきたとはいえ、面接試験の場に上着なしノーネクタイで臨むのはなかなか勇気がいることです。
実際に、WTI(当社の略称)へ面接試験に来られる方で上着なし&ノーネクタイという方は、過去に数えるほどしかいらっしゃいませんでした。
採用面接の場にはスーツ&ネクタイが必要または無難だと思われている方が圧倒的多数なのだと思います。

そこでいくつかご提案を。

一、Yシャツは半そでにすべし!
半そでのYシャツというのはそもそもビジネスフォーマルではNGと言われていますが、多数の面接官は許容してくれると思われます。
そもそも上着を着ていたら半袖なのか長袖なのか分からない場合が多いです。

一、スーツは麻素材にすべし!
暑い季節の定番は麻素材のスーツです。
シルエットはカッチリした感じではなくやや柔らかい感じになるかもしれませんが、通気性の良さには代えられません。
クールビズの影響で面接会場の冷房設定温度がやや高めになっていることが多いと思いますが、その対策にもなりますね。

一、移動中は上着を脱ぎネクタイを外すべし!
まあこれは、当然ですよね。(^^;)
面接会場が近づいてきたら着ければ良いのですから。

一、面接会場に入る前に薬局で販売している汗拭きシートで首回りなどをササッと拭くべし!
首回りの汗を拭くだけでも、ネクタイをしたあとのべたつく感じが抑えられます。
何より拭いたときのすっきり感が、面接に臨んだ時の余裕にも通じるのではないでしょうか。

この暑い夏を乗り切って新天地で活躍していただくことに少しでも繋がれば幸いです。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。