今週、社内で技術交流会が開催され、当社のユニーク技術サービスの1つである、「リバースエンジニアリングPlus」を担当している技術者から報告がありました。

ら報告がありました。

「リバースエンジニアリングPlus」のサービス内容の詳細については、こちらを参照ご覧ください。
https://www.wti.jp/?s=リバース

この発表をしてくれた彼は、今年4月の社内人事異動に伴い、リバースエンジニアリングPlusの仕事に就いたばかりなのですが、既にこのサービスの特徴を完璧に理解しており、この仕事の魅力を他の社員を前に嬉々とした表情で説明してくれました。

リバースエンジニアリングとは一般的に、「既存の製品を解体・分解して、製品の仕組みや構成部品 、技術要素などを分析する手法」のことを指します。

しかし、WTIの「リバースエンジニアリングPlus」は、その遥か上を行くものです。

例えば、電子回路のリバースエンジニアリングは、どういう部品が使われているのか、それぞれの部品がどのように結線されているのかを調べることが主になります。

この仕事を最低限のレベルで行うと、漏れなく全ての電子部品がリストアップし、各部品間の接続を正しく再現した電子回路図を描き上げるというまでのものです。

この業務を電子回路設計者ではない技術者が行うと、確かに正しい回路図にはなってはいるのですが、お客様の側の回路屋さんが読みやすい回路図にはなっていないことがあります。

一方、電子回路設計者が担当すれば、信号の流れや各部位の電位などを把握しやすいように、「電子回路設計者目線」で描いてくれます。
また、万が一、分解時に間違って相互結線を把握していたとしても、回路屋なら回路図をおこした際に回路動作上の矛盾としてその誤りに気が付くことができます。

さらには、複雑な回路図をブロック毎に分解し、それぞれのブロックの機能を分けて回路図を表現することもしますので、どのような働きをしている回路なのかをお客様が一層深く把握することができます。

もし、プリント基板内の回路構成自体が比較的単純で、その中に配置されているICが重要な機能を担っているのなら、そのICまでも分解・調査して、その機能を明らかにするとともに、ICを含めた回路全体を完全に把握できるようにします。

このように、お客様の立場に立ち、回路/機器の動作を「腑に落ちる」ところまで理解することを手助けする、その増分価値を指して「Plus」と呼んでいるのです。

ここまで痒いところに手が届くサービスは、当社独自のものですので、お客様からはいつも心からの感謝のお言葉をいただくことが多く、上記の技術者も「お客様に、こんなにも喜んでもらえるんだ!」と感激していました。

「リバースエンジニアリングPlus」のサービスは、まだまだこれだけに留まらないのですが、それはまた別の機会にお話することとしましょう。