神戸国際展示場で開催の9月6~7日「国際フロンティア産業メッセ」に出展することになりました。

出展致しますのは、非電子系の企業様向けに、顧客社内でIoTプロ技術者を養成するプログラム「テクノシェルパ」。

そして、「ものづくり新撰2018」に選出されました、コネクタ/配線不要(従って、挿抜不要)の電源供給技術「ワイヤレス給電技術」でございます。

◆テクノシェルパ

(1)高精度位置検出技術導入コンサルティング

高精度位置検出技術の製品化に不可欠な専門分野の実践技術を、当社の専門技術者から直接指導をお受けいただけます。
併せて、技術コンサルティングを受けることで、技術の導入・立上げを、お客様の自社内で推進することができます。
技術者教育サービスとの併用で、お客様の非電子系エンジニアがIoTの設計者に育っていきます。

(2)技術者教育サービス

回路初心者向けの技術者教育サービスをご提供します。
弊社が社内教育を通じて培った教育ノウハウを惜しげもなく盛り込んでおります。
⇒ https://www.wti.jp/contents/education.htm

深刻な回路技術者不足の状況下、新卒者や非電気系技術者を実践技術者に育成する第一歩としてご活用ください。

◆ワイヤレス給電の設計・評価受託サービス

IoTのセンサ端末はあらゆる場所に装着されるため、装着したセンサ端末の電源をワイヤレスで給電したい!というニーズが増えています。弊社のワイヤレス給電技術は、離れた距離でも高効率で電力伝送が可能であり、任意の場所の磁界を均一にすることもできます。
⇒ https://www.wti.jp/contents/r_and_d.htm#A1

これら技術を均一磁界送電コイルによるミニカー走行デモ機としてご紹介します。また、弊社のワイヤレス給電技術は、経済産業省近畿経済産業局の「関西ものづくり新撰2018」にも選定されています。