技術職で転職の応募をする際、その会社の応募要領や業務内容、会社業績などは、勿論しっかりと確認するものですね。

でも、なんだか、まだちょっと不安だなっていうことはありませんか?

そうですよね。
その会社の雰囲気までは判りませんから。

そこで、お勧めなのは、応募する「前」に、その会社を訪問してみること。

たとえばこんな風に問合せます。
「中途採用募集への応募を検討しているのですが、応募させていただく前に、一度御社を見学させていただいてもよろしいでしょうか?」

ほとんどの会社は、快く受け入れてくれます。

実際に訪問すると、

  • どんな人が働いているのか
  • どんな仕事をしているのか
  • どんな仕事のやり方なのか
  • 会社全体の雰囲気はどうか

などが生の感覚で伝わってきて、とても参考になります
その結果を見て、その会社に応募するかどうかを決めればよいのです。

会社によっては、見学会を最初から計画して告知しているところもあります。

以下の分野の技術者対象の見学会を定期的に行っている会社もあります。

0.1W以下からkWオーダーの大電力までの、汎用電源では対応できないオーダーメイド(カスタム)電源の開発・設計
社内のデジタル回路部門、パワーデバイス部門、高周波デバイス部門、応力・熱シミュレーション部門などが保有する、コア技術を複合的に活用することにより、難易度の高いカスタム電源の設計も行います。
(技術コンサル的な側面を持った設計業務です)
時間が合えば、社長とお茶を飲みながら、お話しいただく「社長とお茶するかい(会)」があるのも特徴です

ご興味あれば、こちらまで
https://wti-recruit.com/

情報提供は、株式会社Wave Technology
https://www.wti.jp/