当社では、シミュレーション技術を体験する1DAYインターンシップを8月から10月まで開催しています。

設計/開発会社にとってもシミュレーションは欠かせない技術です。
モノづくりにおいては、いかに短期間で低コストで、開発を行うかが勝負の分かれ目です。

経験と勘のみで試作を行って、うまくいくケースもあるでしょう。
しかし、誰でもができる技ではありませんし、毎回通用するとも限りません。

そこで、試作する前にシミュレーションを行い、最適なモノのあるべき姿を予め把握しておきます。 次にそれを実際に試作して確認するのです。

シミュレーションは、正しいやり方を覚えてしまえば、誰でも再現性高く、短期間で望む性能を得ることができます。

しかし、シミュレータを購入すれば、誰でもすぐにシミュレーションができるようになるものではありません。

実際、シミュレータを購入したあと、使いこなすことができず、放置してままの企業も少なからずあるようです。

シミュレータの特性を理解し、そして、入力するパラメータを現物に整合したものに厳選する必要があります。

その辺のコツを実物の半導体素子を使って、丁寧にお教えしようというのが、当社の1DAYインターンシップなのです。

なかなか他では経験できないものだと思いますので、ご興味のある方は、是非ご応募ください。
⇒ https://job.rikunabi.com/2019/company/r136700015/internship/

なお、当日時間が合えば、社長の私とおしゃべりする時間をもご用意いたします。

事担当者が「それでは、これから社長室にご案内します」といきなり言うかもしれません。 そのときは、嫌がらずに素直に従ってください。 待っている私が寂しいですから(笑)。

社長室では、当社ロゴのモチーフになっている、葛飾北斎の神奈川沖浪裏(もちろん複製)もお見逃しなく。

当社の仕事の内容にご興味の方は以下をご覧ください。
中途採用: https://www.wti.jp/contents/recruit-2.htm
新卒採用: https://www.wti.jp/contents/recruit-1.htm