昨日のニュースでは、今年度の新⼊社員は、「給料」よりも「休⽇」を重視していることが判明したとのことで、「給料」と「休⽇」の順位が逆転したのは平成16年度の調査開始以来初めてとのことだそうです。

ちなみにWTIは、休日の多さでは中小企業としてはなかなかのレベルです。

と言いますか、大企業と同レベルなんです。

5月8日の投稿で、大型連休の日数が多いことをお話しましたが、年間を通じての休日数も多く、17年度で言えば、年間合計が131日です。

当社顧客は、東証1部上場企業が多くを占めるのですが、お客様のお休みに合わせているため、大企業と同レベルの休日の日数になっているのですね。

大企業並みの休日を使って社員がどのようなことで楽んでいるのかについて、社長の私は興味津々で、社内の懇親会では、いろいろ教えてもらっています。

一人ひとりの方の意外な側面が見えて、これがとても面白いのです。

ちょっと想像できないない趣味を持っていることが判ったりして、参加者一同どよめくこともしばしばです。

休日が多いと、各自の趣味の自慢話に花が咲くのもよいところですね。